エーザイは2017年9月22日、研究開発子会社の米Morphotek社が創製した抗体薬物複合体(ADC)MORAb-202の非臨床試験データを発表した。自社創製の抗体とペイロード、リンカーから成るADCで、臨床開発妥当性のある抗腫瘍効果を確認し、2017年度下期のフェーズI開始を目指す。非臨床試験データは、米サンディエゴで9月20日から22日に開催された第8回World ADC年次総会で発表された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)