住友化学、ボナックの40億円の第三者割当増資を引き受け

 住友化学は、2017年9月25日、ボナック(福岡県久留米市、林宏剛社長)の40億円の第三者割当増資を引き受け、出資比率を19.55%に拡大させると発表した。住友化学は、これまで手掛けてきたボナック核酸の原薬製造にとどまらず、グループが保有する医薬品開発や核医学検査の機能をボナック核酸の開発に生かしたい考えだ(関連記事)。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)