横浜市大、神経再生促進物質LOTUSで脊損モデルを治療

脳梗塞モデルに続き治療薬化に光明
(2017.09.25 00:00)1pt
小崎丈太郎

 横浜市立大学大学院生命医科学研究科の竹居光太郎教授と米Yale大学医学部神経学のStephen M.Strittmatter教授のグループが、内因性の神経回路形成因子LOTUSに脊髄損傷や視神経障害の動物モデルにおいて神経再生を促進する効果を確認、Scientific Report(英国9月21日)に報告した。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧