英GSK社がJCRファーマの株式を全て売却

導入していたパイプラインもJCRファーマに返却
(2017.09.22 00:00)1pt
山崎大作

 JCRファーマは2017年9月21日、英Glaxo SmithKlein(GSK)社がグループを通じて保有していた全株式について、10月末をめどにメディパルホールディングスおよびJCRファーマに譲渡すると発表した。併せて、JCRファーマが開発しているライソゾーム病治療酵素製剤のバイオ後続品2品に関連する権利についても、ほぼ全てJCRファーマに返却する。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧