東北大学、腎組織の炎症抑制で腎臓病の新規治療薬の開発の可能性

転写因子GATA2が腎臓病の進行に関与
(2017.09.21 00:00)1pt
大西淳子

 東北大学大学院医学系研究科の于磊博士研究員らは、モデルマウスを用いた実験を行い、急性腎障害時に集合管細胞に発現されている転写因子GATA2がサイトカインの放出を促し、(1)組織の損傷を促進すること、(2)アントラキノン系の癌治療薬として知られるミトキサントロンがGATA2の発現を強力に抑制すること――を明らかにした。腎臓病治療に結び付くと期待される結果は、Molecular and Cellular Biology誌電子版に、2017年8月14日に報告された。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧