がん研究会野田氏、「Indel変異多い腫瘍でチェックポイント阻害薬が効きやすい可能性」

ネオ抗原予測法を開発
(2017.09.21 00:00)1pt
高橋厚妃

 がん研究会は、2017年9月15日、記者懇談会を開催し、野田哲生研究本部長が「がんプレシジョン医療の現状と今後」と題して講演を行った。挿入・欠失(Indel)変異によりネオ抗原を生成している腫瘍の方が、チェックポイント阻害薬の感受性が高い可能性を紹介した。また、野田研究本部長らが、腫瘍のIndel変異からネオ抗原を予測する方法を開発したことを説明した。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧