阪大高木教授、様々な抗体に適用できるフラグメント化フォーマット開発

創薬標的蛋白質のX線結晶構造解析の他、抗体医薬への応用も可能
(2017.09.15 01:00)1pt
川又総江

 大阪大学蛋白質研究所の高木淳一教授らの研究グループは、新しいフラグメント抗体のフォーマット「Fv-clasp」を開発した。結合する標的蛋白質の結晶化を促進する工夫を施すことでX線結晶構造解析の環境が改善し、蛋白質の構造決定の加速が期待できる。低コストの抗体医薬として開発することも可能だ。本研究成果は、日本時間9月15日のStructureオンライン版に掲載された。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧