厚労省、民間臍帯血バンクの実態調査の結果を公表

5社で契約終了後の臍帯血約2100人分が保管されたままの状態
(2017.09.14 00:00)1pt
高橋厚妃

 厚生労働省は、2017年9月12日、民間臍帯血バンクの実態調査の結果報告書「臍帯血プライベートバンクの業務実態に関する調査報告書」を公表した。少なくとも5つの民間臍帯血バンクで、計4万3700人分の臍帯血が保管されていることが分かった。それらの中には、保管契約が終了しているにもかかわらず、廃棄処分されずに保管され続けている臍帯血が約2100人分あった。厚労省は、利用者への説明や保管記録が十分になされないなど、一部の業者の業務実態についても指摘した。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧