【ESMO2017】

進行NSCLCに対するニボルマブの長期のOS、PFS、持続的な奏効が明らかに

(2017.09.13 00:25)1pt
森下紀代美=医学ライター

 非小細胞肺癌(NSCLC)で治療歴がある患者を対象に、ニボルマブとドセタキセルを比較した国際的な第III相試験、CheckMate017とCheckMate057の3年以上にわたる追跡結果が発表された。ニボルマブを投与した患者では、扁平上皮癌と非扁平上皮癌共に長期の全生存期間(OS)と無増悪生存期間(PFS)が得られ、奏効が持続している患者は20%以上となった。9月8日から12日までスペインのマドリードで開催された欧州臨床腫瘍学会(ESMO)2017で、スペインHospital Universitari Vall d’HebronのEnriqueta Felip氏が発表した。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧