【ESMO2017】

腎細胞癌でTIM3がスニチニブと抗PD1/PD-L1抗体の効果予測バイオマーカーになる可能性

(2017.09.13 00:22)1pt
八倉巻尚子=医学ライター

 淡明細胞型腎細胞癌(ccRCC)において、T細胞シグネチャーはスニチニブによる有用性と関連し、TIM-3(T-cell immunoglobulin and mucin domain 3)はスニチニブおよび抗PD1/PD-L1抗体の効果予測バイオマーカーになる可能性が、免疫関連遺伝子の解析で明らかになった。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧