【ESMO2017】

ER陽性N0乳癌で95遺伝子乳癌予後予測アッセイ「95GC」の有用性を確認

(2017.09.13 00:19)1pt
八倉巻尚子=医学ライター

 エストロゲン受容体(ER)陽性リンパ節転移陰性(N0)乳癌で術後ホルモン療法を受けた患者において、95遺伝子の乳癌予後予測アッセイ「95-Gene Classifier(95GC)」は有用であることが、多施設共同レトロスペクティブ研究で確認された。9月8日から12日までスペインのマドリードで開催された欧州臨床腫瘍学会(ESMO)2017で、国立がん研究センター中央病院乳腺外科の木下貴之氏らが発表した。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧