PRISM Pharma、エーザイと共同開発するE7386が英国でフェーズI開始

(2017.09.11 00:00)1pt
山崎大作

 PRISM Pharma(横浜市緑区、竹原大社長)は2017年9月8日、エーザイと共同開発するCBP/βカテニン阻害薬のE7386について、固形癌を対象としたフェーズIが英国で開始され、マイルストーン報酬を受領したと発表した。受領額は非公表。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧