Novartis、ジレニアの小児と思春期のMS患者へのPIIIで再発リスク低減

(2017.09.11 00:06)1pt
大西淳子

 スイスNovartis社は、2017年9月5日、小児の多発性硬化症(MS)患者を対象とする「ジレニア」(フィンゴリモド)のフェーズIII PARADIGMS試験で、主要エンドポイントに設定していた再発率の低下が示されたと発表した。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧