セルソース(東京・港、裙本理人代表取締役)は2017年9月6日、脂肪組織由来の細胞評価方法を確立するため、ロート製薬、医療機関との3者共同研究契約を締結したと発表した。医療機関より提供される脂肪組織から基礎研究用の間葉系幹細胞(MSC)を作製してロート製薬に輸送し、脂肪組織の搬送方法からMSCを含有する製剤製造まで独自の評価基盤を構築する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)