国立がん研、新研究棟で企業との連携を強化

“みらか中央研究所”が新たな企業連携ラボを設置
(2017.09.06 00:00)1pt
小崎丈太郎

 国立がん研究センター研究所(東京都中央区)は、敷地内に新研究棟を竣工し、2017年9月2日に披露講演会を開催した。旧研究棟は老朽化が顕著で耐震性にも問題があったために、新研究棟の建設が計画されたもの。間野博行研究所長は新研究棟建設の目的を「センター内の施設と密接に連携し、同時に企業やアカデミアとも積極的に連携して新しい医療を創出したい」と挨拶した。企業が独自の研究部門を設置する3階には、みらかホールディングスの子会社である合同会社みらか中央研究所(八王子市)が新しく研究室を設置することで合意している。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧