特集連動◎国内の核酸医薬の研究開発状況

千葉大伊庭氏ら、miRNAを強力に抑える基盤技術「TuD RNA」を開発中

ウイルスベクターまたはオリゴ核酸として細胞へ導入
(2017.09.07 00:10)1pt
久保田文

 千葉大学真菌医学研究センターの伊庭英夫特任教授と、原口健特任助教らは、miRNAを抑制する基盤技術として、独特な2次構造を持つ1本鎖のデコイRNA「TuD RNA」を開発した。TuD RNAは、TuD RNA発現カセットを搭載したウイルスベクターか、TuD RNAと同様の2次構造を持つオリゴ核酸として、細胞に導入する。TuD RNAの特徴や、実用化に向けた開発状況について、2017年8月10日、伊庭特任教授と原口特任助教が本誌の取材に応じた(関連特集)。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧