高橋教授、ヒトiPS細胞由来ドパミン神経前駆細胞の効果を霊長類で検証

2018年の秋にPMDAに医師主導治験届を提出する計画
(2017.08.31 12:03)1pt
川又総江

 京都大学iPS細胞研究所(CiRA)臨床応用研究部門の高橋淳教授らのグループは、ヒトiPS細胞由来ドパミン神経前駆細胞を脳内移植したサルのパーキンソン病(PD)モデルで、有効性と安全性を確認したと発表した。理化学研究所ライフサイエンス技術基盤研究センターなどとの共同研究で、解析は移植後2年に及ぶ長期間を経過し、脳内に腫瘍が形成されていないことも確認された。本研究成果は、英国時間2017年8月30日のNatureオンライン版に掲載された。高橋教授らは、2018年秋にも、医薬品医療機器総合機構(PMDA)に医師主導治験の治験届を提出する計画で準備を進めている。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧