群馬大、コンディショナルKOマウスを1カ月で作製する技術を開発

発生過程で、2段階に分けてCRISPR/Casで組み換え
(2017.08.22 00:00)1pt
高橋厚妃

 群馬大学生体調節研究所ゲノム科学リソース分野の畑田出穂教授、堀居拓郎助教らのグループは、受精卵からの発生過程でCRISPR/Casのゲノム編集技術を2段階に分けて行うことで、対象臓器だけで標的の遺伝子を破壊できるコンディショナル・ノックアウト・マウスを1カ月で作製できる技術を開発した。従来は、コンディショナル・ノックアウト・マウスの作製には数年かかっていた。研究成果は、2017年8月11日、Scientific Reports誌に掲載された。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧