「APP過剰発現モデルがアルツハイマー病薬開発を混乱させた」

理研・西道リーダーがEMBO Journalで警鐘を鳴らす
(2017.08.21 00:00)1pt
小崎 丈太郎

 アルツハイマー病治療薬の開発は失敗続き。この原因の1つが、「アミロイド前駆体蛋白質(APP)遺伝子を過剰発現させて作出したモデルマウスにある」とする論文を、理化学研究所脳科学総合研究センター・神経蛋白制御研究チームの西道隆臣シニア・チームリーダーが、EMBO Journal オンライン版(2017年8月1日)に発表した。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧