大塚HD、2017年度上半期で医療用医薬品の10のプロジェクトを開発中止

買収や導入で開発品を拡充
(2017.08.10 00:00)1pt
高橋厚妃

 大塚ホールディングス(HD)は、2017年8月8日、2017年12月期第2四半期の決算説明会を開催。同社の樋口達夫社長は、「注力している精神・神経、癌、循環器・腎領域を中心にシナジーが見込める新規化合物や技術などは、投資を検討していきたい」とパイプラインの拡大に意欲を見せた。また、2017年12月期第2四半期連結累計期間で、10のプロジェクトの開発を中止したことが分かった。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧