吉野家、「牛丼の具」機能性表示の第2弾は中性脂肪対策

ロート製薬のグロビンペプチドを配合、血糖対策のサラシアに続く
(2017.08.08 00:00)1pt
河田孝雄

 吉野家ホールディングス(吉野家HD)の孫会社である吉野家が、機能性表示食品の同社第2弾となる牛丼の具「ペプ牛」の機能性表示を消費者庁に届け出た(届出番号:C110、届出日:2017年6月8日)。消費者庁が2017年8月4日に公表した。届け出の担当部局は、吉野家の素材開発部。販売開始予定日は「2017年8月9日」と届出書には記載されているが、実際の販売開始は未定だ。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧