ヘリオス、製造委託会社の事情で骨髄由来幹細胞の1例目の治験登録に遅れ

FDAによる査察で指摘
(2017.08.07 00:00)1pt
高橋厚妃

 ヘリオスは、2017年8月3日、同社が開発を進めている骨髄由来幹細胞の「MultiStem」の国内での1例目の治験登録が、当初の想定より7カ月遅れていることを発表した。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧