三菱ガス化学、核酸を標的とする創薬手掛けるVeritas In Silicoに出資

 三菱ガス化学は、2017年8月7日までに、中低分子創薬の研究開発を手掛けるベンチャー企業のVeritas In Silico(東京・渋谷、中村慎吾代表)に、2億5000万円を出資すると発表した。併せて、名古屋大学・東海地区大学広域ベンチャー1号投資事業有限責任組合も、1億円を出資する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)