アメリエフ(東京・港、代表取締役 山口昌雄)と国立病院機構東京医療センターは、2017年7月20日、遺伝性疾患における遺伝子変異解析手法の開発に関する共同研究を開始すると発表した。遺伝性疾患の診断や治療に活用可能な新規遺伝子の解析手法を確立する。



この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)