富士フイルム、核酸医薬の開発手掛けるボナックに5億円出資へ

増資後の富士フイルムの持ち株比率は10%未満
(2017.07.27 00:19)1pt
久保田文

 富士フイルムは、2017年7月26日、ボナック(福岡県久留米市、林宏剛社長)の第三者割当増資を引き受け、5億円を出資する契約を締結したと発表した。また両社は、資本提携に加えて、核酸医薬の探索を目的とする共同研究契約を締結した。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧