ノバルティスファーマ、CART療法の国内申請できるだけ急ぐ

米FDAの諮問委員会で承認の推薦を取得
(2017.07.25 09:00)1pt
高橋厚妃

 ノバルティスファーマは、2017年7月24日、社長会見を開催。2017年4月から社長に就任した綱場一成社長が、国内での開発体制などを説明した。その他にも同社は、キメラ抗原受容体T細胞(CART)療法(CTL019)の国内での開発方針などについて言及した。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧