米BioMarin Pharmaceuticals社は、2017年7月11日、第VIII因子遺伝子をコードする組換えアデノ随伴ウイルス(AAV)ベクターから成るBMN270の安全性と有効性を評価するフェーズI/II試験で得られた好結果が、国際血栓止血学会(ISTH)2017で公表されたことを明らかにした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)