米Merck社、多発性骨髄腫でキイトルーダの3件の臨床試験が差し止め

死亡例が多発
(2017.07.10 00:00)1pt
森下紀代美

 米Merck社は2017年7月5日、多発性骨髄腫を対象に、抗PD1抗体「キイトルーダ」(ペムブロリズマブ)の併用療法を評価している3件の臨床試験について、米食品医薬品局(FDA)が臨床試験差し止めとしたことを明らかにした。差し止めとなったのは、KEYNOTE-183、KEYNOTE-185、KEYNOTE-023の各試験。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧