北海道がんセンター、160遺伝子対象に癌のクリニカルシーケンス提供へ

 北海道がんセンターは、2017年7月から、がんゲノム医療センターに「がん遺伝子外来」を開設し、自由診療(保険外診療)の枠組みで癌のクリニカルシーケンスである「PleSSision(プレシジョン)検査」の提供を始める。2017年6月14日、北海道がんセンターの近藤啓史院長、がんゲノム医療センターの西原広史センター長らが、記者会見を行った。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)