キョーリン製薬HD、iPS細胞由来肺胞上皮細胞など利用し標的探索へ

2017年3月期の売り上げは主力製品の特許切れの影響を受けて減収
(2017.05.19 00:00)1pt
高橋厚妃

 キョーリン製薬ホールディングス(HD)は、2017年5月12日、2017年3月期通期の決算説明会を開催し、今期の業績予想などを説明。また、2017年4月から、子会社である杏林製薬が京都大学大学院医学研究科内に寄付講座を開設し、iPS細胞を利用して肺の線維化などの創薬標的を探索する研究を開始したことも紹介した。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧