Ionis社とGSK社、TTR遺伝子標的アンチセンス薬のフェーズIIIで好結果

(2017.05.19 00:30)1pt
大西淳子

 米Ionis Pharmaceuticals社と英GlaxoSmithKline(GSK)社は、2017年5月15日、症候性の家族性アミロイドポリニューロパチー(FAP)患者に、トランスサイレチン(TTR)遺伝子を標的とした第2世代のアンチセンス薬inotersen (IONIS-TTR Rx)を適用したフェーズIII NEURO-TTRスタディーで、主要エンドポイントが達成されたと発表した。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧