ニプロ、「脊損を対象に自家MSCを2017年夏から秋にかけて申請する」

現在のMSCの製造能力についても言及
(2017.05.19 00:00)1pt
高橋厚妃

 ニプロは、2017年5月18日、2017年3月期の通期決算説明会を開催。同社は、2014年4月に札幌医科大学とライセンス契約を締結し、脳梗塞および脊髄損傷の治療に用いる自家の骨髄由来間葉系幹細胞(MSC)であるSTR01の共同開発を行っている。説明会で、ニプロの佐野嘉彦社長は、STR01について、「脊髄損傷を対象として2017年夏から秋にも承認申請を行う」と話すとともに、現在の製造能力と課題についても言及した。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。

無料トライアルお申込み

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧