ジーンテクノ、免疫寛容誘導する細胞療法など再生医療の開発本格化へ

「成功確率高い再生医療に絞って手掛ける」と谷社長
(2017.05.19 00:10)1pt
久保田文

 ジーンテクノサイエンスは2017年5月18日、2017年3月期の決算説明会を開催。中長期的に再生医療分野を中心とした新規バイオ事業を立ち上げる方針をあらためて示した上で、「再生医療については、臨床でのエビデンスがあるものなど事業化の成功確率が高いものに絞って、研究開発を進める」と谷匡治社長が説明した。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧