大日本住友製薬、2017年度は国内で新規導入や提携も視野

精神神経領域で3製品の申請も見込む
(2017.05.17 12:40)1pt
高橋厚妃

 大日本住友製薬は、2017年5月11日、2017年3月期の通期決算説明会を開催した。同社の多田正世社長は、2017年3月期は海外からの買収や導入が相次いだ一方で、2018年3月期は国内での導入や提携を視野に入れていることなどを説明した。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。

無料トライアルお申込み

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧