東京医歯大など、AIで乳癌リンパ節転移を高精度判定

国際コンペティションで4位に入賞
(2017.05.16 00:00)1pt
小崎丈太郎

  東京医科歯科大学・難治疾患研究所・ゲノム病理学分野の石川俊平教授、河村大輔助教、福田圭祐技術補佐員らのグループが東京大学大学院情報工学研究科の原田達也教授(知能機械情報学専攻)との共同研究によって、人工知能の技術である深層学習(ディープラーニング)を使って病理組織画像から、乳癌細胞のリンパ節転移の有無とステージを高精度に判定するシステムを開発した。同システムは国際生物医学イメージシンポジウム(ISBI2017)の国際コンペティションCamelyon17に参加し、世界から参加した23チーム中4位に入賞した。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧