順天堂大大学院の小松教授、血液癌の研究費獲得のためにクラウドファンディングに挑戦

 順天堂大学大学院医学研究科血液内科学教室では2017年3月15日より、クラウドファンディングの手法で研究費を募っている。学術系のクラウドファンディングサイト「academist」のサービスを利用し、既に一定の金額の支援は得ているが、5月14日までプロジェクトは継続中だ(当該サイトはこちら)。教室を率いる小松則夫教授(写真)に、クラウドファンディングを実施した狙いやその手応えを聞いた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)