東京大学医学部付属病院耳鼻咽喉科・頭頸部外科の藤本千里氏、山岨達也氏らは、2017年5月1日、マウスの聴覚機能には蝸牛有毛細胞の恒常的オートファジーが重要な役割を果たすと発表した。有毛細胞のオートファジー活性を欠損させた遺伝子改変マウスを作製し、有毛細胞内の形態学的、組織学的観察、および聴力閾値の定量によりオートファジーの生理機能を確認した世界初の報告で、2017年5月11日、英国のCell Death&Diseaseオンライン版に掲載された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)