米TESARO社は、2017年4月27日、抗PD1抗体TSR-042に関する臨床試験がフェーズII段階に進み、マイクロサテライト不安定性が高い(MSI-H)転移性の子宮体癌で、2レジメンまでの化学療法歴を有する患者の追加登録を開始したと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)