米食品医薬品局(FDA)は、2017年4月25日、米国に拠点を置く14の企業に対しwarning letter(警告書)を発出した。FDAの承認を得ること無く、主にウェブサイトやソーシャルメディアで、癌の予防、診断、治療、治癒に有効であるとうたって受注している65を超える製品の市販が、連邦食品医薬品化粧品法に違反しているという内容だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)