マツダ、藻類エネルギー創成研究室を広島大に開設

 マツダと広島大学は2017年4月28日、共同研究講座「次世代自動車技術共同研究講座 藻類エネルギー創成研究室」を4月1日付で設置したと発表した。設置期間は2年間。この共同研究講座には、東京工業大学生命理工学院の太田啓之教授も研究協力者として参加している(広島大の客員教授を併任)。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)