国立がん研究センターと京都大学は、2017年4月27日、MLL(mixed lineage leukemia)遺伝子変異を伴う急性白血病の癌化に関わる分子メカニズムを解明したと発表した。メカニズムに基づき治療標的分子2種を特定し、双方を阻害することで抗腫瘍効果が得られることを確認した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)