米IBM社は2017年4月20日、ディープラーニングと視覚分析技術を用いた糖尿病網膜症早期診断についての研究成果を発表した。「EyePACS」と呼ばれるソリューションで、重症度分類の精度は5段階で評価する国際基準で86%に達した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)