塩野義製薬、新規抗インフルエンザ薬の臨床・非臨床試験結果を発表

 塩野義製薬は2017年4月25日、自社創製のキャップ依存性エンドヌクレアーゼ阻害薬S-033188のフェーズII、および非臨床試験の結果を第27回欧州臨床微生物学感染症学会(ECCMID)で報告したと発表した。単回経口投与でインフルエンザウイルス感染症の治療完結が見込める新規化合物で、ノイラミニダーゼ阻害薬「タミフル」(オセルタミビルリン酸塩)より強力な活性を確認した。現在、日本や米国などで2本の大規模フェーズIII(CAPSTONE1、CAPSTONE2)を実施中で、2017年度内の国内申請を目指している。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)