東京大学附属病院消化器内科の中川勇人氏、小池和彦氏らは、2017年4月20日、慢性胆管障害から胆管癌を発症するメカニズムを解明したと発表した。ヒトの病態を模倣する世界初の肝外胆管癌マウスモデルを遺伝子改変技術により樹立し、発癌の過程を詳細に解明するとともに、治療標的になり得る分子がサイトカインIL33であることを突き止めた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)