弘前大と農研機構、世界初の接ぎ木エピゲノム編集ジャガイモ

野外栽培試験を4月26日から筑波で開始
(2017.04.21 11:30)1pt
河田孝雄

 弘前大学と農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)は、接ぎ木エピゲノム編集技術で育種したジャガイモの野外栽培試験を2017年4月26日からつくば市で始めると、4月20日に発表した。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。

無料トライアルお申込み

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧