協和発酵キリン、XLH患者対象の抗FGF23抗体のPIIIで主要評価項目達成

 協和発酵キリンは2017年4月19日、米Ultragenyx Pharmaceutical社と共同開発している完全ヒト抗線維芽細胞成長因子23(FGF23)モノクローナル抗体burosumab(KRN23)の成人X染色体遺伝性低リン血症(XLH)患者を対象とするフェーズIII(NCT02526160)で主要評価項目を達成したと発表した。治療24週時点の評価終了後も全例が治療を継続している。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)