米Texas大学など、CRISPR/Cpf1を用いたゲノム編集で筋ジス治療の可能性示す

(2017.04.20 00:00)1pt
大西淳子

 米Texas大学Southwestern Medical CenterのYu Zhang氏らは、CRISPR/Cpf1を用いたゲノム編集を、デュシェンヌ型筋ジストロフィー(DMD)の患者由来のiPS細胞と、DMDモデルであるmdxマウスに適用し、DMD治療における有用性を示唆した。実験の内容とデータは、Science Advances誌電子版に、2017年4月12日に報告された。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。

無料トライアルお申込み

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧