米Eli Lilly社は2017年4月14日、中等度から重度の関節リウマチ(RA)の適応症で米Incyte社と共同開発中の経口用Janusキナーゼ(JAK)阻害薬baricitinibの承認申請について、米食品医薬品局(FDA)による承認が得られなかったと発表した。最適用量を決定するための臨床データが新たに必要で、現状では承認できないとする審査完了通知を受け取った。



この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)