2018年度以降のゲノム医療推進に向けた議論が開始

 2017年度で終了するオーダーメイド医療の実現プロジェクトの後継施策を検討するため、文部科学省に設置された「ゲノム医療実現のための研究基盤の充実・強化に関する検討会」(主査=中釜斉国立がん研究センター理事長・総長)の初会合が2017年4月17日、開催された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)