ドイツBI社、将来に向けてマイクロバイオームや遺伝子治療も探索中

 ドイツBoehringer Ingelheim(BI)社の日本法人ベーリンガーインゲルハイム ジャパンは、2017年4月17日、記者会見を開催。Thorsten Poehl社長は、イノベーションの創出に向け、2015年に設立されたグローバルの新組織、Research Beyond Borders(RBB)について、マイクロバイオーム、再生医療、聴覚障害、遺伝子治療を重点分野に位置付けていることを明らかにした(関連記事)。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)